FC2ブログ

品川和竿 三つのこだわり 「洒落」と「素材」と「心粋」

  品川和竿 和竿作り教室 『濱川』のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> news! > 東京藝大  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京藝大

2017 - 12/19 [Tue] - 12:01

何を思ってか???
2年ほど前に現役の(大学院)方が入学してくれました
 ※此れも何かの縁

来春卒業を前に上野東京藝大学美術館にて
魂を込めた作品を出品するとの事です
教室ではオジサン達に娘のように可愛がられでます、、

そんな訳で
顔からして、、全く芸術に無縁なおじさんの塊が
ゾロゾロと鑑賞に行って来ました


DSC_0018.jpg

不思議なもので
校門の前に立ちますと、、無知なワタシでも15分位は頭が良くなった気分にさせてくれます
※シュワチャンの映画を見て15分位強くなった気分と同じ現象です

1513221861364.jpg

お楽しみの学食へ、、
今の
私学はハイカラな学食に生まれ変わりましたが

其処は流石に国立
予算の配分が有るのでしょう??50年前の若き自分を思い出させる様な
昭和が其のまま、レトロ感が一杯でとてもいい感じでした、、、
(心が落ち着き、、ケツの座りが良いのです)

老いぼれたとは言え
ワタシとて若い頃が有ったのです(今の姿形で産まれて来た訳ではありません)
女の子と、西日の差す学食で、、
カレーライスとか、、イカとクジラのフライ定食を食べたのを思い出します

学食は相変わらず
安くて美味しい、、老体には満腹

1513222080464.jpg
1513221875358.jpg
1513221866639.jpg
1513221865258.jpg

全く芸術に無縁+無知なワタシ
気の利いたコメントが出来ませんです

多分?
少しでも観てくれた人の心に感動と言う、、お土産を持ち帰って貰えば
作家としては嬉しいのではないでしょうか、、(未だ、プロではないので)

12月21日(木)迄
藝大美術館 B1にて開催中 入場無料です
何気に上野へお越しの際は、、芸術に親しんでも良いのでは、、

処で
大学院の場合女子大生と言って良いのでしょうか?
女子大生という言葉の響きは、、男の心を揺さぶるものがありますが、、、

ワタシ的考え(主観100%)
大学院男子=おじさんとの排他的経済水域ギリギリみたいな感じがします おじさん寄り
大学院女子=ギリギリお姉さんって感じがします

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinagawawazao.blog23.fc2.com/tb.php/442-80be6940

 | HOME | 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

カウンター

潮汐表

潮汐表

プロフィール

和竿工房 濱川

Author:和竿工房 濱川
竿師:大石稔
昭和24年(1949)現在地に初代開店 旧浜川町生まれの、二代目和竿職人平成15年「品川和竿」を、差別化の為に立ち上げる

和竿製作・修理のほか
自宅にて和竿作り教室も開講中(平成元年~)
品川区伝統工芸保存会会員

リンク(濱川推薦優良店)

ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム-

ギョタク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。