FC2ブログ

品川和竿 三つのこだわり 「洒落」と「素材」と「心粋」

  品川和竿 和竿作り教室 『濱川』のナビゲーター   トップページ > 2011年07月  

石鯛竿、ご笑納 2

2011 - 07/14 [Thu] - 16:15

猛暑で何度か挫けそうな気持ちになりましたが
途中で止めるのも癪だし、、と思い心を奮い立たせナンとか
木更津工房(ふじー)さんへの献上品が完成に近づいて来ました
 
ノータリンさんへの献上で、石鯛竿を封印したつもりでしたが
懲りずに、マタゾロ手を出してしまいました

お遊びでやるには、腕試しに意外と面白いのであります、、、

重量の有る約2m弱の長さの竹を、均一に塗り上げる胴漆がとても難しいのです
 恥ずかしながら、今回も何となく気にいらないのですが材料も残り少無くなって来ました
ふじーさんには我慢して笑納コースをして欲しい、、、

画像貯-135

握りに少しだけ極細の「籐」を巻いてみました、余り多く巻きますと
石鯛竿がクドクなりますので、私の好みでは有りません、、、

画像貯-136
石鯛竿にとっては、、
絶対に誤魔化しの利かないインロー作りが、竿師にとって一番腕の見せ処なので有ります
穂先インローは18cm 元インローは20cm

今回の汚名挽回にもう一本位作って、完全に石鯛は封印致します
 何十年と使わなかったムロの上に、コピー機、ノートパソコン等の
置き場となっていましたので、それらの荷物が現在とても邪魔なのです
早く石鯛竿にケリをつけて、置き台に戻したいのです、、、

神戸ノータリンさん、、、
今年は、フッシングショーが中止で残念でした
来年流山工房(やす)さんが再挑戦致しますので

再来年(お互い生きていたら)ノータリンさん主宰で出展して下さい
 楽しみは先に伸びた方が楽しさが倍増する気持ちで
待っていて下さい。。。
あと2~3回出展が出来ましたら、そろそろフッシングショーも潮時かも知れませんね。。

ハゼ釣り (天婦羅船)

2011 - 07/11 [Mon] - 05:22

出発して直ぐに、この場面を何時も撮ります、、、
私的には、このアングルが一番好きなのです

画像貯-072
 
 100名近い生徒さんと同じ時代に生き、何かの加減の巡り合わせ、それが縁となり教室に通ってもらい
同じ時間を共有出来る幸せを味わえます
私は、其れに感謝しないと罰が当たります

タマタマ私の出来る事は竿作りだけ
そして其れを教えているだけ、それにより糧を得て生活させて貰う、、、
其れが私の仕事です、、、
 決して偉い人間でも無いし、人の道を説く伝道師でも有りません

竿作りに於いても、自分の技量は自ずと判っております
 強いて言うならば、皆さんがやってしまった小さなミスを
如何に何事も無かった様に修正や補正するアドバイスを、的確にしてあげられるかが
本当の仕事かも知れません。

生徒の、、、
皆さんと知り合えた素晴らし環境は、私の自慢でも有り又誇りで有ると同時に
私の大事な宝物でも有り、教室の大事な財産でも有ります

この様な、素晴らしい環境は少しずつ積み上げたもので有りまして
誰にでもそう安々と簡単に手に入れることは、
出来うる筈も御座いません、、、、

最後に、色々な生徒さん達から人生勉強させて貰い、少しでも自分が成長出来れは
 コンナにありがたい事はありません

全てのそう云う意味も含め
何時もこのアングルの時は、心から感謝の気持ち込めて
シャターを押しています、、、



天婦羅が出来上がるまで待っているおじさん達は
とても可愛い、、、

画像貯-113



一つ判りました
暑い時プラス天婦羅の揚げたて(美味しい)のですが
暑くて沢山食べれない、、、、
画像貯-112

小継ぎ竿

2011 - 07/08 [Fri] - 07:11

小継ぎ竿が出来上がりに近づいて参りました

分校2年目の(ラガー) お腹が出ていますが割と器用なので有ります
画像貯-033
がん箱竿(二節揃え 6本継ぎ 五尺)



画像貯-034
4年目のアシさん
ヤマベ竿 (8本継ぎ 三節揃え 丈四)

継ぎと仕舞い込み完了、、、
何時も言いますが、小継竿は此処まで来ますと
 もう80%以上完成です、あとは塗るだけ。


人其々好みが有るのでしょうが?
継ぎ数の多い竿程、単色のシンプルな塗りで
 全体が垢抜けして見える竿が、私は一番好きです。。
(あくまでも個人的好みです)

※、矢竹、中節を揃え2年目ですので、生徒さんの要求を全てに
お答え出来ないのが残念ですが、、
1~2年後には、在庫率も増えて充実して来ると思いますので
来年以降は充分に楽しめます

◎以前は大きな釣具やさんで、和竿を揃え販売していました
現在では、渋谷サンスイ辺りでしょうか?

作り手は
小売店で並べ販売するに当たっては、
他の竿師との差別化を計るしか自分の竿を買って貰う手立てが有りません
 従いまして、戦略上競い合う様に綺麗で手間の掛かった塗りが
多かったのです
 
 当然買う立場になれば、綺麗で目立つ竿についつい手がでてしまいます
必然的に、他の竿を見ては自身の技量を磨いたのでしょう、、、

そう云う時代なら、、、
私好みの(蝋色単色)は恐らく一緒に並べたら値段的にも売り上げも
低いランクになって居たかも知れません、、、

また逆に、、、
そう云う時代に流山工房(やす)や、シロクマ君らが居合わせたら
充分戦えられますし、活躍の場が多いに有って,きっといい竿師になっていたでしょう。。。
 
 但し、長い一生のスパンで見ますと、山あり谷有り 天国と地獄
表裏一体でどちらに生きた方が良かったかは、神様にしか判りませんが。。

カワハギ竿

2011 - 07/07 [Thu] - 12:54

只今カワハギ(鰯鯨の削り方)を改良研究中です、、、
穂先がグラスの場合で、魚が掛かった時は綺麗な放物線を描きますが、、

鯨は余程巧く削りませんと、掛かった時に、継ぎ部分から無理な曲がりが出てしまう事が有ります
特にカワハギ竿は先調子で胴がシッカリした(8;2)調子が好まれますし
 自分も其の調子が釣り易く思います、、、

画像貯-029
前々回位から、、、
カワハギ竿の鯨をナンとかせねばと言う思いから
やっと其れらしいイメージの竿が出来ました。
(鰯を、所謂セミ調子=腰のしっかりした)調子が出せるようになったのです

又、追い継ぎ式が一番曲がりに無理がなく、カワハギ釣りには最適と思い
今回は、追い継ぎを仕込んでおります、、、

石鯛

2011 - 07/06 [Wed] - 11:34

もう、やらないつもりが、、
 やっとこの歳になって竿作りが面白くなって来ました、、、
(多分商売に関係なく、楽しんで竿を作る心の余裕が出たのです)

2本目の石鯛、、
震災後、3ヶ月目にやっと教室へ来れました、木更津工房の「藤井」さん
ブログを見て、石鯛竿の途中経過を見たかったのでしょう?
「支障、神戸へ送る竿を見せて下さい」
残念ながら、、頑張った結果3ヶ月以内で完成しまして
既に、神戸に送った後だったのです、、

「なんだ?もう無いんだ」とがっくりしてました
象さんの様な可愛い目と大きな後姿が
 何故か?私には、とても寂しそうに見えたのです

其れならと、、、
藤井さんへプレゼントをしようと
奮起しましてようやく、胴漆に漕ぎ付けたのですが、、、
 石鯛竿の厳しさを思い知りました、、

画像貯-031

未熟故
胴漆の、拭き取る力加減がとても難しいのです
ムラが出来そうで、とても満足の行く物ででは有りません

長く重い竿、タカが拭き取りなのですが、小物竿と違い
相応の力加減が要るのです、、、
 勘がが戻るのに、この後もう一本と考えております

昔はよく冗談で言いました
 「石鯛一本作るより、一辺に小物竿10本作った方が全然 楽」と、、、、

作品

2011 - 07/04 [Mon] - 13:42

浜川 作

注文品が殆んどでしたが、徐々に作り置きを致します
ワカサギ(ボート全竹)透き塗り 2,1m
価格 35,000円画像貯-021

◎カワハギは25号で設定しておりますが
手元まで喰いが判り易いよう、少し固めの削り出しをしています


カワハギ (鰯鯨穂先)変わり塗り 2,1m ハードガイド
価格 55,000円画像貯-022
画像貯-023
同じ作りでSIC仕様 60,000円


カワハギ竿はかなり改良致しまして(鰯鯨ですが、セミ調子に仕上げて有り腰がしっかりして、カワハギをばらしません)

カワハギには絶対にお奨め、追い継ぎ式は自然の曲がりで気持ちよく釣れます
価格 50,000円
SIC仕様 (蝋色仕上げ) 1,8m~2,1m

画像貯-242
画像貯-243

ご注文賜ります
メールでのお問い合わせ
sinagawawazao_1130_2525_5151@yahoo.co.jp

0電話 03-3762-2289

ラッパ

2011 - 07/01 [Fri] - 07:45

自作和竿に取り組む方は、今やかなりの数にのぼるでしょう、、、
商売人の道具の一つに、以外と一般に知られていない
(ラッツパ)と言う物が有ります
画像貯-011
見ての通り、ラッパの形をしています(サイズも10種類位)
此れに差込んで、先端の(小口)の部分や
 並継ぎのオスの部分(矢竹等には最適)鯨の穂先総巻き等には欠かせません
画像貯-012

鯨の穂先総巻き
画像貯-014

その途中
画像貯-015

これだけで、約30分で巻けます
画像貯-017



要するに、、
下仕事に欠かせない、仕上げ用の道具です

 | HOME | 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

カウンター

潮汐表

潮汐表

プロフィール

和竿工房 濱川

Author:和竿工房 濱川
竿師:大石稔
昭和24年(1949)現在地に初代開店 旧浜川町生まれの、二代目和竿職人平成15年「品川和竿」を、差別化の為に立ち上げる

和竿製作・修理のほか
自宅にて和竿作り教室も開講中(平成元年~)
品川区伝統工芸保存会会員

リンク(濱川推薦優良店)

ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム-

ギョタク

QRコード

QRコード